お知らせ

特定活動(就労可)~特定技能1号の特例措置が発表されました

 法務省は都道府県別説明会を順次開催していますが、そこでの説明資料がホームページでも公開されています。

 3月18日に更新された最新版に、「特定技能1号に変更予定の外国人に対する特例措置」が追加されました。

 それによると、今年9月末までに在留期間が満了する2号実習生が、特定技能1号に変更を希望する場合、手続き完了までの間は「特定活動(就労可)」という在留資格が与えられるとのことです。


 新しい在留資格「特定技能」のスタートまであと10日。手続き面の遅れが懸念していた雇用主・実習生にとっては朗報ではないでしょうか。